2011年08月08日

ウエディングセレモニーに招待されて…

masa wedding 6.JPG
初めてのアメリカのウエディングセレモニー出席

二人でわくわくしながら行ってきました〜






マリモくんの元会社関係の方ですが、日本で一緒にお仕事させていただいたのはほんのわずか

そんなMさんから久しぶりに照れくさそうに電話があったそう



「是非出席させて頂きますよ〜!」



アメリカのセレモニーに出席する機会なんて滅多にないっ ←マリモくんの周りのアメリカ人はほとんどが既婚者

そぅ、Mさんのお嫁さんはアメリカ人!!



車で3時間半南下したお隣の州オハイオへ

小さな町の教会に向かいました

現在アジアでお仕事をされているMさんに代わり

お嫁さんの故郷であるオハイオで結婚式をあげるにあたり

式〜披露パーティーまでの段取りを全て行ったお嫁さん

このウエディングセレモニーがユニークだったのは

ところどころに ニッポン を取り入れているところ ←全て彼女のアイディアだそう

白いドレスに金の鶴のかんざし姿の幸せオーラ全開の新婦に対し緊張でたじたじな新郎…でもそれがまた微笑ましい

式の後半、神父さんの 「場所を移動します」 の合図とともに三三九度
masa wedding 10.JPG

神父さんが三三九度の説明、新婦のお母さんがお神酒を注ぎ

シーーーーーーンと静まり返った中、(何度も練習したんだろうな)と思わせる…でもなかなかスムースな流れで無事に儀式終了

そして

披露パーティー会場に移った時、テーブルにおちょこを発見し日本酒を期待したら引き出物でした(笑)
masa wedding 5.JPG



素朴な小さな教会の一角が披露パーティー会場…でもきれいにデコレーションしています

こういうところはパーティー上手なアメリカらしい

料理だって基本はアメリカンなビュッフェでしたがなかなかのお味♪
masa wedding 8.JPG

手前のグリルチキンは不思議とかつおだしの香りがして本気でおでんがあるのかと思ったくらい(実際は違いましたが) 薄味で◎

ビーフも子牛であろう柔らかさで美味

他はチェダーチーズの味しかしない副菜の数々でしたが…ま、よしとしましょう

別腹まで満腹にしてしまった私達はケーキは遠慮させて頂きましたが写真はパチリ
masa wedding 3.JPG






ところで

このウエディングセレモニーで私達にひとつ役割がありました

人生初の海外旅行で一人で息子の結婚式に出席しなければならなかったMさんのお母さん

不安で不安で仕方なく息子のことが心配で心配でどうしようもない様子

お嫁さんの計らいで学生の通訳つきではありましたが

日本人はほかは私達だけ

会場でできる限りそばにいて差し上げられたら…と…

初めましてのご挨拶をした途端、その不安が不満に変わりたまりにたまった気持ちが一気に爆発ししゃべる!しゃべる!

結婚のお祝いの場なのに離婚の心配話まで飛び出し…おかーーーさーーーーーーんっ!!!



数時間後

営業であるマリモくんと基本サービス業のナッチャラの働きで

ネガティブ発言だらけのお母さんの口からポジティブが連発 やったーーーーー☆

不安や不満を解消するためにできる限りのことを努めようと

途中DJのMusicにノリノリのフリーダンスタイムをぐっと我慢し(涙)アテンドしました

その甲斐あったな〜

ダンス教室に無理やり通わされ練習したという新郎が新婦と踊るワルツ

その後嫌がるお母さんの手を引いて踊り始めるMさんとお母さん…会場は拍手の渦…感動のシーン
masa wedding 9.JPG



そそ、

今回何を着ていけばいいかと何人かのお友達に聞いてみました

皆さんのアドバイス通り決めたカジュアルドレス
masa wedding 2.JPG

これ

身内の結婚式の前にドレス探しに苦労して苦労して疲れ果て

ふっと入ったブックオフの古着屋さんに ”ナッチャラの為に”あったようなドレス

3,900円 でも Made in U.S.A. ←一応シルク

お気に入りドレスの一着です



こじんまりしていましたがとってもいいセレモニー

新婦のご家族やお友達の温かさにも触れとてもいい時間を過ごせました

アメリカのウエディングセレモニーに出席でき…

私達の役目?も達成でき…

ドレスもOKだったし…

満足満足

一泊してミシガン州へ戻りましたとさ


posted by ナッチャラ at 13:27| Comment(6) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とっても良い式&披露宴だったみたいだね。
日本人男性とアメリカ人女性のカップル、反対のパターンと比べると少ないと思うのだけど、日本人男性と結婚されるアメリカ人女性って、よりいっそう日本的というか細やかな気配りができる人のイメージがあるよ。式やパーティーでの工夫からもそう感じられます!
Mさんのお母様、マリもさん&ナッチャラさんがこられて本当に安心したんだろうね。すっごくわかる。私がお母さんでも弾丸喋り捲りしちゃうよ(笑)。

それにしてもワンピース似合ってるよぉ〜。ナッチャラさん!これが古着ですか?!信じられない。本当にナッチャラさんの体型に合わせて作られたドレスみたい。素敵!
Posted by cojicoji at 2011年08月09日 00:48
心温まる経験ができてよかったね。
この新郎さんのお母さん、うちの母のようだわ(爆)
不安と言うか不満というかどんどん出てくるの、わかる〜(笑)
でもナッチャラさんとマリモさんのお陰で、ポジティブな発言が出てきたのはすごい!
結婚する(した)のは事実なんだから、まわりの心配や不満が結婚した2人を変える事はできないんだから、だったら温かく見守ってあげて欲しいね。
お母様、ナッチャラさんとマリモさんのこと、とても感謝されていると思います(Mさんも、ね!)
お疲れ様!
Posted by あーびぃ at 2011年08月09日 08:25
cojicojiさん、
そう!やはり日本が大好きで日本の文化をよく学んでいるお嫁さん。
おおらか〜というのがお顔に出ているような方でしたよ(でもビールはザルだそう、関係ないか)
基本、この結婚に反対だったお母さんなので、その興奮はすごかったですよ。
あ、ワンピースありがとうございました!おかげ様で心おきなく着ていくことができました…って、もっとラフな人がごろごろいました〜アメリカの結婚式って気楽ですね!
これ?えぇブックオフですから確かに古着だと思います♪
Posted by ナッチャラ at 2011年08月09日 09:20
あーびぃさんのお母さん…こんな感じ?!
でもマリモくんの母もちょっと近いんですよ(笑)
最初、”うわ〜この方は今ものすっごい「陰」だな…”って不満をぶちまけているお母さんを眺めて思いましたよ。というのも、息子が何にも話してくれない人らしく(でもよくいますよね)ただ結婚するから来てくれ状態だったみたい…そりゃ余計なことも考えるよっ!
最後の方には「来て良かったわ。」という言葉が連発していたので、一つの仕事をやり遂げた感じでした(笑)
あーびぃさんもドレスアドバイスありがとう!
Posted by ナッチャラ at 2011年08月09日 09:31
出遅れた。
ドレス、いいよ〜。似合ってる。
私には絶対似合わない柄ものだけど
ナッチャラさんにはすごく合ってる。
さぞや会場で目立ってたことでしょう。
アットホームな感じで素敵な式だったね。
新郎のお母さん、ナッチャラさんのおかげで
だいぶリラックスできたんじゃない?
私が彼女の立場だったら、同じ行動に出てたかも?
Posted by yuko at 2011年08月10日 22:19
yukoさん…目立っていました、というか浮いていた?!(爆)
普通に普段着みたいな人もいたので(特にオハイオでも小さな町だし)…ま、でもそんなこと気にしないのがアメリカ流?!
今頃Mさん母は、この夢のような出来事を親戚中に話しまくっているのかな…とふっと思い出します。
yukoさん同じ行動?いやっ涙線ゆるゆるさせているでしょ〜(笑)
Posted by ナッチャラ at 2011年08月10日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。